読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織内会計士の日常

組織内会計士の日常を綴っています。

MFクラウドのテンプレートが便利すぎる

有難いことに、色々な所から御誘いを受けたこともあって、請求書を出すことを多くなったのですが、このMFクラウドが無料で配布しているテンプレート、本当に便利です。 MFの回し者ではありませんが、こういうテンプレートものはドンドン共有化されて、無料で…

2017年の始まりとキャリアの棚卸

2017年が始まって14日が経過し、年間の3.8%を消化しました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。 変化に対する嗅覚と半歩先にフライングする俊敏さ 2016年はあまり変化のない年で、仕事は年始から結構楽でむしろ3月が終わる頃にはこのままではまずいと思…

監査法人の営業利益率は低いわけじゃない

利益は意見、お金は事実 監査法人の決算が出揃ったようです。 www.nikkei.com 4大監査法人ともに増収だったようですが、業界全体の報酬単価が上昇したのでしょうか。売上の増減と顧客数の増減との相関だけでは見えてこないところなので、年末年始の忘年会・…

会計士として独立を考える

ここ数週間、様々な形で独立している方のお話を聞く機会があり、やはり会計士のキャリアの選択肢の一つとして独立も魅力的と思えてきました。一方、隣の芝生は青いと言うまでもなく、それ相応のリスクがあるので準備や計画が絶対的に必要とも感じています。 …

独立会計士のためのマーケティング&ブランディング研修

武田先生のブログは会計士を志した10年近く前から拝見しており、どういう独立のされ方だったのか気になっていたので本日研修に行ってまいりました。 cpatakeda.livedoor.biz 今年、独立して12年、ブログを始めて15年目だそうです。 また講義の中でたくさんの…

【2016年7月開催】四大会計事務所の気になる研修やセミナーまとめ

月が変わるタイミングでBig4のセミナー情報を見るようにしているのですが、いくつか各法人で気になる研修やセミナーがあったので4つほど紹介します。 まずは新日本から Fintech規制の最新情報は気になりますね。 東京都インキュベーションHUB推進プロジェク…

みんな大好き会計士の年収話

これまで40ほど記事を書いてきましたが、まだ書いていない鉄板のネタが有りました。 会計士の年収です。 監査法人職員の年収 www.takurin.com コピペで恐縮ですが、この方とだいたいおなじ感覚です。 スタッフ(400万円後半~700万円前半) シニア(700万円前…

会計士が事業会社の経理部へ転職して驚くこと

事業会社の経理面転職して数年が経過しました。その中で特に最初の頃に大きなギャップをいくつかの点で感じていました。 その1 仕事が属人的 とにかく仕事が属人的でした。会社によるところも大きいと思いますが、転職した会社では仕事が人についているとい…

身も心も清め、来る平成28年は真っ白な気持ちで迎えたい新日本有限責任監査法人のホームページは真っ白な状態からスタート

新日本有限責任監査法人のウェブサイトのトップページのうち、行政処分関係の文書を除いて、災害時専用ページ、監査ホットライン、お問い合わせ以外の項目がほぼ削除されたほぼ真っ白な状態になっています(1月3日現在)。 www.shinnihon.or.jp どういう理…

監査から学んだ仕事の考え方

先週は公認会計士試験論文式試験の合格発表でしたね。 自身の合格からもう数年経過しますが、毎年毎年、会計士を志した頃の初心を思い出します。合格発表の日がくるたびに、一人のプロフェッショナルとして、驕るとなく常に発展途上として、成長していきたい…

東芝の不正について、自分なら組織をどう立てなおすか

東芝の不正が表沙汰になっていない状態で、私がヘッドハンティングされて東芝に転職。実はこういう真っ黒な状態だとCFOに打ち明けられて、立て直しの責任者に任命されました。さて、何を最優先にして組織改革を進めるべきでしょうか。また、何から手をつけま…

おすすめメルマガ(1) 六本木の公認会計士いきぬき(生き抜き)

メルマガは非常に重要な情報源です。 まず、そもそも組織内会計士になると、自分で知ろうとしない限り、会計士業界の情報が入ってきません。もちろん、監査法人時代の先輩・同期・後輩を経由して入ってくる情報はありますが、それだけでは十分ではありません…

組織内会計士としてバランスを取り続けることの難しさ

組織内会計士としての一般的な強み 一般的には組織内会計士として働き続けると自社内、あるいは業界特有の知識と経験が蓄積され、それが適用される分野においては非常に高い専門性を発揮できるようになります。会計という一つの専門性に惹かれて会計士を目指…

決算効率化 (1)現状の可視化

初めの一歩は可視化 「もっと早く決算を終えて早く家に帰りたい。」 想いは人それぞれですが、どこの企業の経理部も決算をできるだけ効率的に行いたいと考えているでしょう。個人的には、効率化というよりも、帰りにくい雰囲気をとにかく何とかしたいという…

理想的な決算から考える、今後高まる会計士への期待

理想的な決算 経理部にとっての理想的な決算とは、何もトラブルの起きない決算です。波風立たない静かな決算は、胃腸が捻じりあげられるような心労を伴う決算とは対極の決算で、もう少し具体的にいえば、全て事前の狙い通りに進んでいる決算です。経理部に一…