読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織内会計士の日常

組織内会計士の日常を綴っています。

【今週読んだ本】生産性―――マッキンゼーが組織と人材に求め続けるもの

今週はこの本を読みました。前著の採用基準についてもすごく感銘を受けましたが、今回はそれ以上でした。ちなみに、前回はかなりマッキンゼーを引き合い出すことがおおかったのですが、今回はタイトルにはマッキンゼーとあるものの、本書の中でマッキンゼー…

【今週読んだ本】即効マネジメント: 部下をコントロールする黄金原則

雇用のカリスマ、海老原嗣生さんの新書です。 海老原嗣生 - Wikipedia 即効マネジメント: 部下をコントロールする黄金原則 (ちくま新書) 作者: 海老原嗣生 出版社/メーカー: 筑摩書房 発売日: 2016/05/09 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る …

【今週読んだ本】チームのことだけ、考えた。

下記の本を読みました。最近、組織論で迷うことが多々あって、参考になった部分を抜粋していきます。 チームのことだけ、考えた。―――サイボウズはどのようにして「100人100通り」の働き方ができる会社になったか 作者: 青野慶久,疋田千里 出版社/メーカー: …

Kindle Unlimitedで少しだけ変わった読書スタイル

www.amazon.co.jp ついにリリースされたKindle本読み放題サービス、「Kindle Unlimited」 月額980円で12万冊以上のKindle本が読み放題になる革新的なサービスです。 定額読み放題になったことで私の読書スタイルも変化しました。 980円という投資に対してい…

【今週読んだ本】【再読】小飼弾の「仕組み」進化論

夏休み中なので読書が捗りますね。今週は数年前に読んだ本を懐かしく読み返しています。 小飼弾の 「仕組み」進化論 作者: 小飼弾 出版社/メーカー: 日本実業出版社 発売日: 2009/03/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 12人 クリック: 126回 この商…

【今週読んだ本】インセンティブがすべてではない

インセンティブ制度、というより従業員のパフォーマンスにどういう形で報いるのかは企業の永遠の課題です。 インセンティブがすべてではない(インタビュー) DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文 作者: アンドリスA・ゾルトナーズ 出版社/メーカー…

【今週読んだ本】イシューから始めよ―知的生産の「シンプルな本質」

久しぶりに再読しました。改めて良い本だと思います。 ほぼ日刊イトイ新聞 - 『イシューからはじめよ』のまわりで考える。 悩むこと、考えること、答えを出すこと 悩む = 答えが出ない前提で「考えているふり」をすること考える = 答えが出る前提で、建設的…

【今週読んだ本】最速の仕事術はプログラマーが知っている

プログラマー出身者の方の本は結構好きでよく読んでいます。小飼弾さんの本は結構好きなものが多かったです。 仕事術の本ですが、細かいテクニックはもちろん、プログラマーから見た物事の考え方という点が多いに参考になりました。 最速、最速、そして最速 …

P&G式 世界が欲しがる人材の育て方 日本人初のヴァイスプレジデントはこうして生まれた

前回読んだUSJの方の本に引き続き、今回もP&G出身者の方の書籍を紹介したいと思います。 kurorogucpa.hatenablog.com やはり人材育成 P&Gの強みは人材育成です。優れたマーケターを育成できるので強いブランドが生まれ育っていくのです。 P&Gから何を持って…

【今週読んだ本】USJを劇的に変えた、たった1つの考え方 成功を引き寄せるマーケティング入門

どういう視点で本を読むべきか、というのも非常に重要ですが、それ以上に何を読むべきかということが常々重要だと考えています。 ゴールデンウィーク中にこういう本を読みました。マーケティングの方に日々お世話になる身として非常に参考になりました。 概…

たった1日で声まで良くなる話し方の教科書

「声が良くなる?たった1日で?!」 と、驚きのあまり本書を購入してしまいました。 www.amazon.co.jp 良い声の出し方 3つのやり方で、「いい声」は簡単に出せるそうです。具体的には下記の3つです。 腹式呼吸法 適切な声の共鳴 聞き取りやすい滑舌 ただ、本…

【今週読んだ本】決める――すべてを一瞬で判断できるシンプルな技法

1月にこの本読みました。 www.amazon.co.jp 人生の選択には苦痛か獲得しかない(Pain or Gain) 「ぺイン(苦痛)を避けるだけの人生ではなく、ゲイン(獲得)に向かう人生を望んでいる人は、本書を読んだほうがいい。意義あることを成し遂げるには、自分にとって…

【ランキング】2015年に読んだ面白かった本7選

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。 年末年始は帰省しつつ、2015年の日記を遡って読んでいます。記録を振り返って、昨年も様々な本を読みましたが、再読本が多く、新しい分野へあまりチャレンジしていない印象を受けたの…