読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織内会計士の日常

組織内会計士の日常を綴っています。

監査

トーマツの駅内広告

誰向けなのかがよくわからない広告ですが、記念に撮ってきました。色んな意味で見切れてますね。

非常勤監査業の実情<2017年度版>

非常勤会計士の実情について、意外と情報が出回っていないので自分が知っている限りの情報をまとめたいと思います。 まず皆さんが一番気になっているのが時給ですよね、ぶっちゃけ。 この時給については現在東京近郊の相場は、公認会計士として登録されてお…

監査法人の営業利益率は低いわけじゃない

利益は意見、お金は事実 監査法人の決算が出揃ったようです。 www.nikkei.com 4大監査法人ともに増収だったようですが、業界全体の報酬単価が上昇したのでしょうか。売上の増減と顧客数の増減との相関だけでは見えてこないところなので、年末年始の忘年会・…

【2016年7月開催】四大会計事務所の気になる研修やセミナーまとめ

月が変わるタイミングでBig4のセミナー情報を見るようにしているのですが、いくつか各法人で気になる研修やセミナーがあったので4つほど紹介します。 まずは新日本から Fintech規制の最新情報は気になりますね。 東京都インキュベーションHUB推進プロジェク…

みんな大好き会計士の年収話

これまで40ほど記事を書いてきましたが、まだ書いていない鉄板のネタが有りました。 会計士の年収です。 監査法人職員の年収 www.takurin.com コピペで恐縮ですが、この方とだいたいおなじ感覚です。 スタッフ(400万円後半~700万円前半) シニア(700万円前…

監査は経営企画で役に立つのか?という質問に対する答え

監査法人で働く(ものの、今後は事業会社等も含めた転職を考えている)会計士ならでは質問ですね。 監査実務や監査論は経営企画室で役に立ちますか? 答えはYesです。 財務諸表監査とは 言わずもがな、ですが。 財務諸表監査の目的は、経営者の作成した財務諸…

分析的実証的手続における予実分析と、監査経験で積み上げる予算作成スキル

予算を作る仕事をするようになって、監査論でいわれる分析的実証的が難しいなと改めて思うようになりました。 分析的手続とは 監査基準委員会報告書520 分析的手続で定められている分析的手続とは下記の A1.分析的手続は、企業の財務情報と、例えば、以下の…

上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書で覚えておくとよい数字

毎年行われているこちらの上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書の2016年度版が会計監査ジャーナルの2月号に載っていました。 「2015年版 上場企業監査人・監査報酬実態調査報告書」の公表について | 日本公認会計士協会 この調査、毎回、非常に興味深く読…

身も心も清め、来る平成28年は真っ白な気持ちで迎えたい新日本有限責任監査法人のホームページは真っ白な状態からスタート

新日本有限責任監査法人のウェブサイトのトップページのうち、行政処分関係の文書を除いて、災害時専用ページ、監査ホットライン、お問い合わせ以外の項目がほぼ削除されたほぼ真っ白な状態になっています(1月3日現在)。 www.shinnihon.or.jp どういう理…

監査から学んだ仕事の考え方

先週は公認会計士試験論文式試験の合格発表でしたね。 自身の合格からもう数年経過しますが、毎年毎年、会計士を志した頃の初心を思い出します。合格発表の日がくるたびに、一人のプロフェッショナルとして、驕るとなく常に発展途上として、成長していきたい…