読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織内会計士の日常

組織内会計士の日常を綴っています。

組織内会計士の新年会 ~組織内会計士ネットワークの集い~に行ってきた

今年も組織内会計士の新年会に行ってきたので、思ったことをつらつらと書いていきたいと思います。

 

日本公認会計士協会 組織内会計士ウェブサイト【研修会交流会の結果報告】

大抵は既に知り合いか共通の知人あり

組織内会計士の新年会に行くと色々な方に会うわけですが、数人以上、既に知人の方々数です。数ヶ月ぶりに会う方々との近況報告はなかなか楽しく、年初から非常に刺激的な話を聞くことができます。監査法人に勤めていると、会計士の集まりなんて大したことないと思うのかもしれませんが、事業会社に勤めていたり独立していたりするとなかなか会う機会はありません。

一方、新しくお会いする方々もたくさんいらっしゃいます。こういう場所にいらっしゃる方というのは新しい刺激を求めていて、また年齢の上下関わらず非常に有用な話が聞けます。あまり利害関係がないので、どんな方とでもいいお付き合いができるのは組織内会計士の良い所かなと、改めて思いました。

上場企業の経理部の方が合わせにくい日程

大変良い会なのですが、いくつか考えものなこともあります。まず、そもそも新年会なので、1月の早い段階で行われるわけですが、決算の締め作業を行っている経理部の方々がなかなか足を運びづらい日程になっており、とても残念です。上場企業で12月決算の年度末決算、あるいは3月末決算の四半期決算対応している方はもちろん、非上場企業であっても、月初というのは非常に忙しい時期かと思います。土曜日あるいは日曜日に行うと、それはそれでご家族の方と過ごす時間がなくなるので、非常に難しいものだと感じています。いずれにせよ、経理部所属の会計士というのが、組織内会計士で最も大きな母集団であると思われるので、なんとか改善できる方法があれば、より多くの方が参加できる会になるものと期待しています。

いずれにしても新年会という形式で毎年継続的に集まれる機会が提供されていることに感謝しつつ、自分が業界のためにできる活動で、組織内会計士の益々の発展に貢献にしたいと思います。

 

にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村