組織内会計士の日常

組織内会計士の日常を綴っています。

欧米企業におけるコントローラーとは

外資系企業の財務組織は日本のそれとは異なる部分があり、今日はその一つであるコントローラーを少しご紹介します。

【特集】欧米企業におけるコントローラー部門の役割 [無料公開記事] | CFO FORUM

 

 

コントローラーとは

日本企業の経理部長(accounting manager)に近いのですが、日本人にはあまり耳慣れない役職です。実際のコントローラーは、予算および財務報告の機能を持っているケースが多いようです。日本語では経営企画室という部署に配属された方が、このコントローラー職に就いていることが多いようです。欧米企業に多いのですが、日本の子会社でそのポジションに就いている方は少なく、Googleで検索したぐらいでは中々詳しい説明が出てきません。一番良い情報収集の方法は、転職エージェント経由で特定の企業のコントローラー職について聞いてみるのが良いと思います。何故ならば、このポジションに限った話ではないのですが、、企業によって相当に求められる責任範囲や業務が異なるからです。

コントローラーができること/やるべきこと

会社中の各係数をいち早く包括的に知り得る立場にあります。それは単純な会計情報のみならず、人員数や設備投資等の内部情報に加え、競合他社の情報も入ってきます。そのためコントローラーは企業の予算策定作業において中心的な役割を担います。また、予算は通常は1年間のものですが、その間の経済あるいは市場等の変動を反映させて内容を修正することもあり、その更新作業もコントローラーの仕事です。

 

一方で、当初設定した目標の進捗管理は各部門への権限委譲を行、それぞれが管理しますが、進捗の遅れの原因分析など付加価値を付けた管理会計報告を用いて各部門部門長への働きかけがコントローラーに求められます。 

コントローラー業務はCFOにとって必須のスキル 

繰り返しになりますが、財務分析を用いて、どこに資源を集中すべきか、どの投資を見送るべきかなど、事業戦略に必要な視点を模索し、フィードバックを行うことがコントローラーの仕事です。コントローラーがこれらの業務を行う範囲は、割り当てられた部署の範囲においてです。一方でCFOは、これを全社展開しなければなりません。また、各コントローラーの背反する部分の折衝も行わなければなりません。具体的には、例えば各部署の予算を吸い上げたときに、全社レベルで調整を行う責任をもつのがCFOです。

 

なかなか難しいポジションですが、特定の部門にコミットするのは、その部門のCFOのようでやりがいが大きそうに思えます。

 

にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ
にほんブログ村