読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織内会計士の日常

組織内会計士の日常を綴っています。

成城石井で考える網羅性と思考のバランス

雑記

仕事が終わって帰宅途中でたまに成城石井に寄ります。品揃え豊富でおつまみを買い揃えるのに重宝するのですが、仕事が終わった後でも色々と考えてしまいます。完全に雑談です。

kurorogucpa.hatenablog.com

冷凍食品がない

成城石井って冷凍食品置いてないんですよね、少なくとも私が頻繁に行く複数の店舗にはないです。

食材・飲料を扱う他の形態のお店として、コンビニやスーパーには冷凍食品が置いてあります。

比較でしか気づかない

何かおかしいものがあると結構簡単に気づくのですが、網羅性はあるはずのものがない

状態なので、あるべき状態が想像できないと検討することが出来ません。つまり、あるべき状態といま目の前にある現象の比較の中でしか気づけないのです。網羅性は頭に入れておかないとつい忘れる概念なので、プロジェクトであれば定期的に漏れがないか確認すべきですし、成果物の提出においても送信ボタンを押す前に確認すべき概念だと思います。

なぜ?というトリガーポイントを持っておく

ここで何故置いていないのか?市場シェアを高めるため、または新たなマーケットを創出するために冷凍食品を置くべきではないのか?等など色々な疑問が生じます。

こういう何故?そもそも?という思考に至るためには論理的な思考力を要求されます。そして、ここから答えを出しに行くには同時に創造力も必要です。

 

仕事を上、論理的な思考で1から100に展開することも、0から1を想像することも求められるので、両者をバランスよく意識するように日々を過ごしたいと常々思っています。

kurorogucpa.hatenablog.com

 

にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ