読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織内会計士の日常

組織内会計士の日常を綴っています。

Kindle Unlimitedで少しだけ変わった読書スタイル

書評

www.amazon.co.jp

 

ついにリリースされたKindle本読み放題サービス、「Kindle Unlimited」

月額980円で12万冊以上のKindle本が読み放題になる革新的なサービスです。

定額読み放題になったことで私の読書スタイルも変化しました。

 

980円という投資に対していかに成果を上げるか

月額980円という投資をいかに回収していくかということが求められています。単純には、980円以上の本を読み、その後980円以上の成果を生成することができれば 良いのです。端的には、概ね2冊以上の書籍を読むことで980円という投資は回収できることが予想されます。

可処分自由時間、人生は有限

 

一方で考えないといけないのは、可処分自由時間という考え方です。お金も人生の重要な資源の一つですが、時間もまた人生の重要な資源の一つです。

言わずもがな、読む本が増えていることによって、読書時間が長くなればなるほど、消費する時間は増えていきます。お金の観点から考えれば、たくさん読めば読むほど得ですが、時間の観点からは必ずしもそうとは言えません。

効用が最大化するポイントは

ここから導き出されるのは、お金によって最低限求められる成果が定まり、時間よって 成果の限界が定まります。読書による効用が最大するポイントで、自分が最も最適だと感じるお金と時間の投入量がバランスします。ただし、読むスピードは依然として重要です。

今のところ、最適な読書スタイルと考えているのは、より多くの本に触れながらも駄本は早めに切り捨てて、読書時間を圧倒的に短くし書籍の回転数を上げていくことです。Kindle Unlimitedによって、お手軽に書籍に触れる機会ができた分、今後は、最初の見切りが非常に重要になってくるのだと考えています。

 

kurorogucpa.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ