読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

組織内会計士の日常

組織内会計士の日常を綴っています。

2017年の始まりとキャリアの棚卸

会計士 雑記 キャリア

2017年が始まって14日が経過し、年間の3.8%を消化しました。今年もどうぞよろしくお願いいたします。

変化に対する嗅覚と半歩先にフライングする俊敏さ

2016年はあまり変化のない年で、仕事は年始から結構楽でむしろ3月が終わる頃にはこのままではまずいと思うほどの危機感を覚えていました。与えられた変化がなければ、自分で変化を創り出さなければならないと思い、4月辺りから様々な仕事の可能性を探り、年の後半にはご縁があって良い話を頂くこともできました。

 

さて、会計士試験合格から数年経ちました。同期でまだ監査法人に残っている人達はマネジャーとして順調に昇進を重ねています。一方、そういう王道から外れた同期は、各々の専門性を活かして、自分の名前で勝負しています。独立はもとより、自分のキャリアであったり、世の中の流れと組み合わせて上手く生き残る戦略を立てている印象を受けます。

 

ただひたすら監査やってきた人、IPO支援業務を経てベンチャーの役員になった人、海外駐在を経て出世街道を走る人、事業会社で会計以外の仕事に勤しむ人、夜間や土日をつかってNPO活動に注力する人、協会活動を通じて営業する人など本当に多種多様です。

 

blog.cpa-net.jp

 

改めて自身を振り返ってみて、まず変化に対する嗅覚の大切さを改めて感じた1年でした。上述のとおり、4月辺りから色々動きましたが、本来であれば、2015年の年末辺りから色々考えないといけない状況で、3ヶ月の手痛い思考停止期間がありました。こういう期間の時間は、機会損失であり直接目に見えるわけではないので、そのときは気づかないものです。反省が遅いという点も含めて、要反省です。

 

一方で、なんとか挽回した後半ですが、いま振り返ってみるとリスクが結構高い選択をしていたと感じています。ただ、その選択の結果、ちょっと自分のキャリアに色がつき始め、そういう色がついている人が周りに居ない状況を見ると、半歩だけ先を歩いた感覚担っています。

 

ファーストペンギンになる!と口に出すのは簡単ですが、飛び込んで大怪我するイメージが具体的に見えた状態で、リスクを取るのは本当に勇気がいると自身の経験を通じて体験することができました。

 

kurorogucpa.hatenablog.com

キャリアの棚卸

キャリアの棚卸を年末年始に行っていたのですが、やはり数年先の状況を考えると現状に対して不安を感じています。AI、ビッグデータクラウド会計、人工知能など、私が会計士試験に合格した年には存在すらしなかったものが業界に影響を与え始めています。こういう状況はここからずーーーーっと続いていくので、手元の資産は大切にしながらも、先々の変化、特にチャンスがきたときに半歩先で取りにいけるよう、2017年も精進していきたいと思います。

 

にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ