組織内会計士の日常

組織内会計士の日常を綴っています。

一括りにはできない経営企画の世界

同じく組織内会計士で経営企画(以下「経企」と略称)で働いている人たちと新年会してたんですが、そこで盛り上がった話です。

 

f:id:wasavis:20180108105517j:plain

  

経営企画といっても2種類の仕事が存在します。

一つは、実際に事業を行う人たちをサポートするお仕事です。

いわゆる事業部付といわれる経企ですね。本社の管理部門という位置付けではなく、事業を行う営業やマーケティング、商品企画部門の人たちと一緒になって事業を推進していく立場であり、どうやって事業を成長させていくのか、そのために必要な投資は何なのか、どうやったらよいその成長を更に加速させられるのかといった視点でのサポートが求められるような仕事です。

 

もう一つは、いわゆるコーポレートといわれる本社の経企です。これについては経理における連結決算担当のようなイメージだと思われます。子会社と密に連携をとって連結決算をまとめる本社経理部のように、個々の事業をサポートをする経企の人たちとコミュニケーションを図りながら、事業計画や予算をまとめたりして、本社全体の事業ポートフォリオの管理や戦略を検討する役割です。

 

求められるものも全く異なります。

前者のほうですが、実際に営業経験がなかったり、商品の企画経験がないにも拘わらず、そういう人たちをサポートをするというのはなかなか難しいことです。ただ一緒に事業を推進していく楽しさであったり、プロジェクトを達成したときに共有できる喜びはこの仕事ならではのものです。

もちろん経営企画として、止めるべきプロジェクトは止め、採算性の悪いものを切り、利益を改善させていくという点も求められ、事業を実際に行う人達とは相反する立場になることが多々あります。従って上手く折衝を避けつつ、やるべきことをこなしてくためには、高いコミュニケーション能力が求められることが多い仕事でもあります。

 

では後者の方が簡単かといえばそんなこともありません。事業部間で整合した事業計画や予算を作るというのもなかなか難しい仕事です。例えば…

  • 予算における事業部間取引に整合性が取れているのか
  • 予算の前提が過度に楽観的/悲観的ではないか
  • 提出された事業計画に対して、適切なチャレンジができるのかどうか
  • 統合された事業計画は個別戦略の合算ではなく最適化された一つの戦略にまとまっているのか

といった点を検討する必要があり、これらができるようになることはなかなか難しいと考えています。

 

後者のほうがやや事業から遠い立ち位置にいるのですが、前者と同様にビジネスがどう回っていくのかを理解している必要があります。

また、統合化された戦略を実行していくにあたって、適切な経営資源を全社レベルで配分していくことを考えると、その視点は一つのビジネスを任された事業部長/部門長というより、社長の目線です。そういう意味では早くからこういうポジションを体験できることは非常に良いのではないかと思います。

 

キャリアパスとしては事業部付→本社が良いのでは?

キャリアパスのおすすめとしては、事業部付を一つか二つ経験した後に本社型の経企を経験することが良いのではないかと思っています。なぜならば、逆のパターンになれば自分自身がそもそも策定したこともない事業計画について、適切なレビューを行うことや取りまとめをするのは、難易度がかなり高いです。

加えて、事業から遠い立場ではあるものの(=事業部付の人よりも事業に対する経験や知識がないものの)、それぞれの事業部門が提出した事業計画が過度に楽観的/悲観的ではないかについて確認する必要があります。

貴賤ではありませんが、本社の経企のほうが難易度が高く、それ故に初めはビジネスに近いところで経企の仕事を始めるのが良いのではないかと思いました。

 

 

kurorogucpa.hatenablog.com

 

 

にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ